GABA作動性神経細胞

ヒトiPS細胞を目的の細胞タイプに分化させるには、長い時間と労力が必要であり、iPS細胞由来の分化細胞を用いた研究における大きな課題の1つとなっています。

当社独自の Quick-Tissue™技術  では、簡便な操作のみでヒトiPS細胞から高純度なGABA作動性神経細胞を高速かつ再現性よく分化させることができます。

GABA作動性神経細胞分化誘導キット

特長

  • 約1週間で分化が完了
  • 高純度な細胞集団
  • ゲノムに影響なし(フットプリントフリー)

キャラクタライゼーション

分化誘導キット

ワークフロー

Quick-Neuron™ GABAergic - mRNA Kitで誘導開始後1~11日目の代表的な位相差画像(スケールバー=100μm)。

Quick-Neuron™ GABAergic Neuronの免疫染色

Quick-Neuron™ GABAergic -mRNAキットで誘導開始後11日目の細胞は、神経細胞マーカーTUBB3およびGABA作動性神経細胞特異的マーカーGAD65/67を発現し、典型的な神経突起の伸長を示します(スケールバー=100μm)。

染色条件:Anti-β-III tubulin monoclonal antibody (R&D Sys- tems, Catalog Number: MAB1195, 1:250 希釈)、二次抗体(Invitrogen,Catalog Number: A32723 Goat anti-Mouse IgG (H+L) Highly Cross-Adsorbed Secondary Antibody, AlexaFluor Plus 488, 1:500 希釈)

Anti-GAD65/GAD67 primary antibody (Fisher Scientific, Catalog Number: PA5-36080, 1:400 希釈)、二次抗体(Invitrogen, Catalog Number: A11037 Goat anti-Rabbit IgG (H+L) Highly Cross-Adsorbed Sec- ondary Antibody, Alexa Fluor 594, 1:500 希釈)

核はHoechst33342で対比染色を行いました。

GABA作動性神経細胞分化誘導キット

Quick-Neuron™ GABAergic - mRNA Kits (small サイズのみ) では、お手持ちのiPS/ES細胞株を高速、簡単、かつ効率的にGABA作動性神経細胞に分化させることができます。 このキットでは、分化を誘導するための弊社独自の転写因子カクテルを合成mRNA(syn-mRNA)で導入するため、フットプリントフリーで、つまりゲノムに影響を与えずに目的の細胞へと分化させることが可能です。

Cat No. Product Name Disease StatusDescription
GA-mRNA Quick-Neuron™ GABAergic - mRNA Kit This kit differentiates human pluripotent stem cells into GABAergic neurons in 10 days using synthetic mRNA.
GA-MM Quick-Neuron™ GABAergic - Maintenance Medium Medium for long-term maintenance of human iPS/ESC-derived GABAergic neurons.

よくあるご質問

エリクサジェン・サイエンティフィック社の分化細胞および分化誘導試薬キットを使用するには、ライセンスが必要ですか?

ヒトへの使用や治療・診断目的での使用を除き、エリクサジェン・サイエンティフィック社の分化細胞および分化誘導試薬キットを使用する際に第三者からの追加ライセンスは不要です。

詳細についてはour license statement をご確認ください。

Quick-Neuron™ differentiation kits にはどのようなサイズがありますか?

SmallサイズとLargeサイズをご用意しております。Smallサイズは24ウェルプレートの4ウェル分に使用できる試薬セットで、シングルセル解析、イメージング解析、パイロットスタディなどに最適です。

Largeサイズは6ウェルプレート6ウェル分または10cmディッシュ1枚分に使用できる試薬セットで、ハイスループットスクリーニングやRNAシーケンシングなどのアプリケーションなどに最適です。

更に多くの数量をご希望の場合はお問い合わせください。