よくあるご質問

センダイウイルス(SeV)ベースキット

分化誘導にはどのような転写因子が使われていますか?

当社独自に発見配合したRNAであるため、知的財産権の保護対象となります。申し訳ございませんが開示することはできません。

1日目に多くの浮遊細胞や細胞の残骸が見られるのはなぜですか?

hiPS細胞を採取する際にダメージを受けた可能性があります。 hiPS細胞を機械的にこそぎ取ったか、ピペッティングの回数が多すぎた、または勢いが強すぎたと考えられます。Solution D1で処理したhiPS細胞は、15回までのピペッティングで剥離してください。

 

分化キットの試薬が必要量より少ないのはなぜですか?

少量で提供されている試薬は、使用前に必ず短時間で遠心処理してください。また、最近ピペッターの校正を行ったが、チューブを回転させても容量が少なくなっている場合は、弊社カスタマーサービス(jp.elixirgensci.com)までにご連絡ください。

1日目に細胞がウェルの中央に凝集して接着していた場合はどうしたらいいですか?

mRNAを用いた分化誘導においては、このような場合、分化効率が非常に低いことが予想されるため、分化誘導を始めることはお勧めできません。Mesendoderm RNAを含むmRNAベースの分化誘導を成功させるには、hiPS細胞がウェル内に均一に分布している必要があります。プレートを振りすぎて、細胞が浮いている間にウェルの中央に溜まってしまった可能性があります。次回からは、プレートをより優しく扱うか、CO₂インキュベーター内に入れる前に、振動のない平らなベンチトップに15分間放置してください。

1日目の培養で、ウェルの中心部にのみ細胞が接着し、周辺部には接着していない場合、どうすればよいですか?

ウェルの中心部に細胞が凝集(=播種時の手技の問題)していなければ、コーティングの問題なので、以下の指示をご検討ください。なお、Nunc社製の4ウェルプレートでは、当社のコーティング条件を適用すると、ウェルの周辺部に細胞が定着しないことがあることが確認されています。次回は、24ウェルプレートを使用して、以下のことをお試しください。1)コーティングマテリアルAを塗布したプレートを37℃で2時間インキュベートする代わりに、4℃で一晩インキュベートする、2)コーティングマテリアルAの塗布終了後、上澄み液を完全に吸引しないか、ウェル底面を覆う程度に上澄み液を残す、3)プレートを取り扱う際にウェル底面を指で触らない、などをお試しください。

mRNAベースキット

分化誘導にはどのような転写因子が使われていますか?

当社独自に発見配合したRNAであるため、知的財産権の保護対象となります。申し訳ございませんが開示することはできません。

1日目に多くの浮遊細胞や細胞の残骸が見られるのはなぜですか?

hiPS細胞を採取する際にダメージを受けた可能性があります。 hiPS細胞を機械的にこそぎ取ったか、ピペッティングの回数が多すぎた、または勢いが強すぎたと考えられます。Solution D1で処理したhiPS細胞は、15回までのピペッティングで剥離してください。

 

分化キットの試薬が必要量より少ないのはなぜですか?

少量で提供されている試薬は、使用前に必ず短時間で遠心処理してください。また、最近ピペッターの校正を行ったが、チューブを回転させても容量が少なくなっている場合は、弊社カスタマーサービス(jp.elixirgensci.com)までにご連絡ください。

1日目に細胞がウェルの中央に凝集して接着していた場合はどうしたらいいですか?

mRNAを用いた分化誘導においては、このような場合、分化効率が非常に低いことが予想されるため、分化誘導を始めることはお勧めできません。Mesendoderm RNAを含むmRNAベースの分化誘導を成功させるには、hiPS細胞がウェル内に均一に分布している必要があります。プレートを振りすぎて、細胞が浮いている間にウェルの中央に溜まってしまった可能性があります。次回からは、プレートをより優しく扱うか、CO₂インキュベーター内に入れる前に、振動のない平らなベンチトップに15分間放置してください。

1日目の培養で、ウェルの中心部にのみ細胞が接着し、周辺部には接着していない場合、どうすればよいですか?

ウェルの中心部に細胞が凝集(=播種時の手技の問題)していなければ、コーティングの問題なので、以下の指示をご検討ください。なお、Nunc社製の4ウェルプレートでは、当社のコーティング条件を適用すると、ウェルの周辺部に細胞が定着しないことがあることが確認されています。次回は、24ウェルプレートを使用して、以下のことをお試しください。1)コーティングマテリアルAを塗布したプレートを37℃で2時間インキュベートする代わりに、4℃で一晩インキュベートする、2)コーティングマテリアルAの塗布終了後、上澄み液を完全に吸引しないか、ウェル底面を覆う程度に上澄み液を残す、3)プレートを取り扱う際にウェル底面を指で触らない、などをお試しください。

Quick-Tissue™ シリーズ

分化誘導にはどのような転写因子が使われていますか?

当社独自に発見配合したRNAであるため、知的財産権の保護対象となります。申し訳ございませんが開示することはできません。

1日目に多くの浮遊細胞や細胞の残骸が見られるのはなぜですか?

hiPS細胞を採取する際にダメージを受けた可能性があります。 hiPS細胞を機械的にこそぎ取ったか、ピペッティングの回数が多すぎた、または勢いが強すぎたと考えられます。Solution D1で処理したhiPS細胞は、15回までのピペッティングで剥離してください。

 

分化キットの試薬が必要量より少ないのはなぜですか?

少量で提供されている試薬は、使用前に必ず短時間で遠心処理してください。また、最近ピペッターの校正を行ったが、チューブを回転させても容量が少なくなっている場合は、弊社カスタマーサービス(jp.elixirgensci.com)までにご連絡ください。

1日目に細胞がウェルの中央に凝集して接着していた場合はどうしたらいいですか?

mRNAを用いた分化誘導においては、このような場合、分化効率が非常に低いことが予想されるため、分化誘導を始めることはお勧めできません。Mesendoderm RNAを含むmRNAベースの分化誘導を成功させるには、hiPS細胞がウェル内に均一に分布している必要があります。プレートを振りすぎて、細胞が浮いている間にウェルの中央に溜まってしまった可能性があります。次回からは、プレートをより優しく扱うか、CO₂インキュベーター内に入れる前に、振動のない平らなベンチトップに15分間放置してください。

1日目の培養で、ウェルの中心部にのみ細胞が接着し、周辺部には接着していない場合、どうすればよいですか?

ウェルの中心部に細胞が凝集(=播種時の手技の問題)していなければ、コーティングの問題なので、以下の指示をご検討ください。なお、Nunc社製の4ウェルプレートでは、当社のコーティング条件を適用すると、ウェルの周辺部に細胞が定着しないことがあることが確認されています。次回は、24ウェルプレートを使用して、以下のことをお試しください。1)コーティングマテリアルAを塗布したプレートを37℃で2時間インキュベートする代わりに、4℃で一晩インキュベートする、2)コーティングマテリアルAの塗布終了後、上澄み液を完全に吸引しないか、ウェル底面を覆う程度に上澄み液を残す、3)プレートを取り扱う際にウェル底面を指で触らない、などをお試しください。

Quick Neuron™ SeV シリーズ

分化誘導にはどのような転写因子が使われていますか?

当社独自に発見配合したRNAであるため、知的財産権の保護対象となります。申し訳ございませんが開示することはできません。

1日目に多くの浮遊細胞や細胞の残骸が見られるのはなぜですか?

hiPS細胞を採取する際にダメージを受けた可能性があります。 hiPS細胞を機械的にこそぎ取ったか、ピペッティングの回数が多すぎた、または勢いが強すぎたと考えられます。Solution D1で処理したhiPS細胞は、15回までのピペッティングで剥離してください。

 

分化キットの試薬が必要量より少ないのはなぜですか?

少量で提供されている試薬は、使用前に必ず短時間で遠心処理してください。また、最近ピペッターの校正を行ったが、チューブを回転させても容量が少なくなっている場合は、弊社カスタマーサービス(jp.elixirgensci.com)までにご連絡ください。

1日目に細胞がウェルの中央に凝集して接着していた場合はどうしたらいいですか?

mRNAを用いた分化誘導においては、このような場合、分化効率が非常に低いことが予想されるため、分化誘導を始めることはお勧めできません。Mesendoderm RNAを含むmRNAベースの分化誘導を成功させるには、hiPS細胞がウェル内に均一に分布している必要があります。プレートを振りすぎて、細胞が浮いている間にウェルの中央に溜まってしまった可能性があります。次回からは、プレートをより優しく扱うか、CO₂インキュベーター内に入れる前に、振動のない平らなベンチトップに15分間放置してください。

1日目の培養で、ウェルの中心部にのみ細胞が接着し、周辺部には接着していない場合、どうすればよいですか?

ウェルの中心部に細胞が凝集(=播種時の手技の問題)していなければ、コーティングの問題なので、以下の指示をご検討ください。なお、Nunc社製の4ウェルプレートでは、当社のコーティング条件を適用すると、ウェルの周辺部に細胞が定着しないことがあることが確認されています。次回は、24ウェルプレートを使用して、以下のことをお試しください。1)コーティングマテリアルAを塗布したプレートを37℃で2時間インキュベートする代わりに、4℃で一晩インキュベートする、2)コーティングマテリアルAの塗布終了後、上澄み液を完全に吸引しないか、ウェル底面を覆う程度に上澄み液を残す、3)プレートを取り扱う際にウェル底面を指で触らない、などをお試しください。

Quick-Endothelium™ Vascular-mRNA

分化誘導にはどのような転写因子が使われていますか?

当社独自に発見配合したRNAであるため、知的財産権の保護対象となります。申し訳ございませんが開示することはできません。

1日目に多くの浮遊細胞や細胞の残骸が見られるのはなぜですか?

hiPS細胞を採取する際にダメージを受けた可能性があります。 hiPS細胞を機械的にこそぎ取ったか、ピペッティングの回数が多すぎた、または勢いが強すぎたと考えられます。Solution D1で処理したhiPS細胞は、15回までのピペッティングで剥離してください。

 

分化キットの試薬が必要量より少ないのはなぜですか?

少量で提供されている試薬は、使用前に必ず短時間で遠心処理してください。また、最近ピペッターの校正を行ったが、チューブを回転させても容量が少なくなっている場合は、弊社カスタマーサービス(jp.elixirgensci.com)までにご連絡ください。

1日目に細胞がウェルの中央に凝集して接着していた場合はどうしたらいいですか?

mRNAを用いた分化誘導においては、このような場合、分化効率が非常に低いことが予想されるため、分化誘導を始めることはお勧めできません。Mesendoderm RNAを含むmRNAベースの分化誘導を成功させるには、hiPS細胞がウェル内に均一に分布している必要があります。プレートを振りすぎて、細胞が浮いている間にウェルの中央に溜まってしまった可能性があります。次回からは、プレートをより優しく扱うか、CO₂インキュベーター内に入れる前に、振動のない平らなベンチトップに15分間放置してください。

1日目の培養で、ウェルの中心部にのみ細胞が接着し、周辺部には接着していない場合、どうすればよいですか?

ウェルの中心部に細胞が凝集(=播種時の手技の問題)していなければ、コーティングの問題なので、以下の指示をご検討ください。なお、Nunc社製の4ウェルプレートでは、当社のコーティング条件を適用すると、ウェルの周辺部に細胞が定着しないことがあることが確認されています。次回は、24ウェルプレートを使用して、以下のことをお試しください。1)コーティングマテリアルAを塗布したプレートを37℃で2時間インキュベートする代わりに、4℃で一晩インキュベートする、2)コーティングマテリアルAの塗布終了後、上澄み液を完全に吸引しないか、ウェル底面を覆う程度に上澄み液を残す、3)プレートを取り扱う際にウェル底面を指で触らない、などをお試しください。

Quick-Muscle Skeletal™ SeV Complete Kit

分化誘導にはどのような転写因子が使われていますか?

当社独自に発見配合したRNAであるため、知的財産権の保護対象となります。申し訳ございませんが開示することはできません。

1日目に多くの浮遊細胞や細胞の残骸が見られるのはなぜですか?

hiPS細胞を採取する際にダメージを受けた可能性があります。 hiPS細胞を機械的にこそぎ取ったか、ピペッティングの回数が多すぎた、または勢いが強すぎたと考えられます。Solution D1で処理したhiPS細胞は、15回までのピペッティングで剥離してください。

 

分化キットの試薬が必要量より少ないのはなぜですか?

少量で提供されている試薬は、使用前に必ず短時間で遠心処理してください。また、最近ピペッターの校正を行ったが、チューブを回転させても容量が少なくなっている場合は、弊社カスタマーサービス(jp.elixirgensci.com)までにご連絡ください。

1日目に細胞がウェルの中央に凝集して接着していた場合はどうしたらいいですか?

mRNAを用いた分化誘導においては、このような場合、分化効率が非常に低いことが予想されるため、分化誘導を始めることはお勧めできません。Mesendoderm RNAを含むmRNAベースの分化誘導を成功させるには、hiPS細胞がウェル内に均一に分布している必要があります。プレートを振りすぎて、細胞が浮いている間にウェルの中央に溜まってしまった可能性があります。次回からは、プレートをより優しく扱うか、CO₂インキュベーター内に入れる前に、振動のない平らなベンチトップに15分間放置してください。

1日目の培養で、ウェルの中心部にのみ細胞が接着し、周辺部には接着していない場合、どうすればよいですか?

ウェルの中心部に細胞が凝集(=播種時の手技の問題)していなければ、コーティングの問題なので、以下の指示をご検討ください。なお、Nunc社製の4ウェルプレートでは、当社のコーティング条件を適用すると、ウェルの周辺部に細胞が定着しないことがあることが確認されています。次回は、24ウェルプレートを使用して、以下のことをお試しください。1)コーティングマテリアルAを塗布したプレートを37℃で2時間インキュベートする代わりに、4℃で一晩インキュベートする、2)コーティングマテリアルAの塗布終了後、上澄み液を完全に吸引しないか、ウェル底面を覆う程度に上澄み液を残す、3)プレートを取り扱う際にウェル底面を指で触らない、などをお試しください。