ヒト幹細胞分化誘導サービス

エリクサジェン・サイエンティフィック社のヒト幹細胞分化誘導サービスで、ラボにおける研究を迅速にスタートさせることができます。当社独自の技術により、幹細胞から目的の細胞へ短期間で分化させ、世界のどの企業よりも早く提供いたします。お手持ちのiPS細胞やES細胞をお送りいただければ、最短2週間で目的の細胞に分化した細胞をお届けします。

サービス概要

STEP 1

Project Design Consultation

幹細胞研究が初めての方でも、豊富な経験をお持ちの方でも、当社はお客様の疑問にお答えし、継続的なサポートを提供致します。

まずは希望する分化細胞の種類、製造規模(1~5,000万個)、希望する特性評価法(ICC、MEAなど)など、プロジェクトの範囲を決める無料コンサルティングを実施します。現在iPS細胞株をお持ちでない場合は、iPS細胞バンクや遺伝子編集サービス会社からのiPS細胞株の入手も当社がサポートいたします。ご相談は無料となっておりますので、お客様のプロジェクトについてお気軽にご相談ください。

STEP 2

Stem Cell Expansion or Adaptation (Optional)

凍結また培養されている細胞を受け取ったら、当社で細胞分化に最適な条件下で幹細胞を継代培養し、培養条件に順応させます。当社の転写因子ベースの分化プラットフォームでは、培養条件としてフィーダーフリーのシングルセル継代手法を用いることで、最良の結果を得ることができます。

またご要望に応じて、iPS細胞継代培養の過程で、多能性および核型解析を行うとともに作業用とバックアップ用のストック作製をいたします。

STEP 3

Stem Cell Differentiation

当社独自の幹細胞分化誘導技術により、わずか1週間で機能的で純度の高い神経細胞をゲノムへの影響を回避して作製します。

当社の標準的な分化細胞タイプは、神経細胞各種(GABA作動性、ドーパミン作動性、コリン作動性、または興奮性)ですが、当社の幹細胞に関する専門知識を用いて、ご希望の細胞や組織タイプを作製するための分化誘導法を開発することも可能です。詳しくはお問合せください。

STEP 4

Characterization

細胞の出荷前に品質管理チェックを行い、細胞に異物が混入していないこと、特異的なマーカーが発現していること、凍結・融解後の生存率が最適であることを確認します。

また、より詳細な機能解析が必要な場合には、マイクロ電極アレイ(MEA)、神経突起伸長アッセイ、カルシウムトランジェントアッセイなど、様々なアッセイサービスをオプションで提供しています。

分化した細胞は、ご希望に応じて生細胞または凍結保存された状態で出荷され、細胞を最適に維持するための培地サプリメントや詳細な説明書が添付されます。

Tetsuya Tanaka, Ph.D.

Director, Molecular Biology

Talk to an Expert

当社の幹細胞分化誘導サービスのご相談は無料です。当社がご研究の促進をお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

FAQ

ヒトiPS細胞株をどのように発送すればよいのでしょうか?

生体材料の送付には細心の注意が必要ですが、当社は細胞や生体材料の海外への物流に数多くの経験を持っていますので、当社の専門的知識を生かしiPS細胞を適切に出荷するための準備をサポートします。凍結保存された細胞の輸送には、米国内ではドライアイス輸送、海外では液体窒素ドライシッパーを使用しています。

ヒト体細胞をiPS細胞に初期化してもらえますか?

現在、当社では細胞をiPS細胞に初期化する(iPS細胞株の樹立)サービスは行っておりませんが、パートナー企業に依頼し、線維芽細胞やPBMCからの初期化サービスを行うことは可能です。