分化キットおよび維持培地

Quick-Tissue™ 分化キットと維持培地の使用によって、研究を加速できます。

Quick-Tissue™ 分化キットと維持培地をご使用いただくことで、iPS/ES細胞由来の分化細胞をご自分の研究室で高速かつ簡便に作製することができ、遺伝的に同一の分化細胞を実質的に無限に供給することが可能になります。研究を加速化させる当社のQuick-Tissue™テクノロジーは、動物モデルや初代細胞に代わる、よりシンプルな代替方法であり、ヒトの生理学や疾患のより適切な研究モデルを提供します。

Human iPSC Differentiation Workflow

Quick-Tissue™ 分化技術

Quick-Tissue™ 分化キットは、わずか1-2週間という短期間でiPS/ES細胞を目的の細胞へと分化させることができる試薬セットです。どの研究室でも操作できる簡単なワークフローで、高純度の分化細胞を確実に得ることができます。分化した細胞は安定しており、当社の細胞タイプ別の維持培地を用いて長期的に維持することができます。

Quick-Tissue™ 分化キットは、独自に開発した転写因子ミックスを導入することで分化を誘導します。転写因子の導入方法の違いによって、mRNAベースのキットとセンダイウイルス(SeV)ベースのキットがあります。二つの異なる各キットで使用するワークフローは若干異なりますが、どちらの導入方法でも、転写因子をゲノムに組込むことなく(フットプリントフリー)、発現させることが可能です。

iPS/ES細胞の培養経験が少ないラボには、工程がより単純なSeVベースのキットをお勧めしますが、BSL-2の安全対策内で使用する必要があり、所属機関のバイオセーフティ委員会(IBC)の事前承認が必要です。

一方、mRNAベースのキットは、遺伝子導入工程がSeVベースキットより多くなるのですが、カルタヘナ法対象とはなりませんので、よりお使いやすくなっております

mRNAベース分化キットのワークフロー例

Example workflow for differentiation kits

SeVベース分化キットのワークフロー例