= 広がるRNAの世界 =RNA研究と臨床への応用・最前線  

近年、生理機能や疾患との関連が明らかになり注目が集まっている機能性RNA、その研究と疾病との関わりについて、また昨今関心の高いmRNA工学を基盤としたmRNA医薬・ワクチンの創製・トピックについて、ご講演をいただきます。大変興味深い内容になっております。

mRNA医薬、創薬研究、医生物研究に携わる研究者、また、これから研究される方々にも役立つ内容になります。

是非ともご参加下さい。

開催日時 2021年10月26日(火)14:00~15:00(1時間)

開催方法 ウェビナー(Zoomを使用します)

参加費 無料

 

プログラム

演題1 さらなる奥深さを示すRNAの世界―その基盤、分類、進化、応用

慶應義塾大学 先端生命科学研究所・教授 (同 環境情報学部・教授)  金井昭夫

今、RNA研究に注目が集まっています。例えば、現在、世界に蔓延しているCOVID-19はRNAウイルスです。また、これを抑え込むために開発されたワクチンにはmRNAワクチンがあります。私は20年以上に渡りRNA分野で研究をして、様々な機能性RNA (ノンコーディングRNA; タンパク質をコードせずRNA分子のまま働くRNA)を見出してきました。本ウェビナーでは、知っておくべきRNAの分類、機能、その進化を整理すると共に、疾病との関わりについて概説いたします。

 

演題2 mRNAワクチン、医薬の開発動向と、高分子ミセル、mRNA工学を用いた取り組み

京都府立医科大学 大学院医学研究科 医系化学・准教授 内田智士

COVID-19mRNAワクチンの実用化を受け、その他の感染症の予防、がん治療のためのワクチンや、mRNAのワクチン以外への応用に向けた研究開発が加速している。そのほとんどは、脂質性ナノ粒子を基盤とするものであるが、強い炎症惹起や肝指向性といった課題もある。その課題を克服するため、我々は高分子ミセルやmRNA工学を用いたmRNA送達に取り組んできた。ここでは、開発動向、独自の取り組みを概説する。

 

演題3 Elixirgen ScientificのmRNA開発製造受託サービスの紹介

エリクサジェン・サイエンティフィック・インク 饗庭一博 

iPS細胞分化試薬キットを製造販売している当社が、なぜRNA製造開発受託事業に参入したのか、また当社施設やサービス内容についてご紹介いたします。

 

ご参加方法

下記、登録ページにて必要事項をご記入の上、お申込み下さい。お申し込み後にメールにてご案内します。

お申込みはこちら>

← QRコードからもお申込みできます。

 

  プログラム・チラシはこちら>

  お問い合わせ  エリクサジェン・サイエンティフィック jp@elixirgensci.com

展示会出展のお知らせ

2021年10月13日(水) - 15日(金) パシフィコ横浜

URL:https://jcd-expo.jp/ja/

小間番号:D - 14  横浜・川崎パビリオン内

是非弊社ブースにお立ち寄りください

来場登録はこちらから>>https://jcd-expo.jp/ja/

 

 

学会協賛のお知らせ

エリクサジェン・サイエンティフックは、第22回日本RNA学会年会に協賛します。

第22回日本RNA学会年会サイト

合成mRNAの国内製造受託(CDMOサービス)に関するご相談はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

【関連情報】https://jp.elixirgensci.com/2021/06/18/mrnaservice-shonan/

お問い合わせ先

Elixirgen Scientific, Inc. エリクサジェン・サイエンティフィック湘南事業所

〒251-8555 神奈川県藤沢市村岡東2-26-1 湘南ヘルスケアイノベーションパーク内

Tel:070-3162-8801(平日9時~17時)

メール:shonan@elixirgensci.com  

第一回 エリクサジェン・サイエンティフィック ウェビナー

=ヒトiPS細胞由来神経細胞を用いた機能性評価の最前線=

薬剤に対するiPS細胞由来神経細胞の電気生理学的変化を評価する、最新ツールを一挙にご紹介!   

細胞、装置、アッセイレディプレート等の最新情報をご提供します

本ウェビナーでは、Axion BioSystems, Inc. 山崎様より、電気生理評価で新基準となるつつあるMEA(Multi-Electrode Array:多点電極アレイ)装置の特徴と最新情報を、株式会社リコー 細谷様より、iPS細胞由来神経細胞を播種したMEA向けのアッセイレディプレートについてご講演いただきます。また、Hinge Therapeutics(ヒンジ・セラピューティクス)二村様より、iPS細胞技術を活用したCNS分野での創薬活動、および豊橋技術科学大学との共同研究で進めている神経細胞のイオン・イメージング技術と創薬への応用等、最先端の創薬研究開発についてご講演をいただきます。神経細胞を用いた創薬研究、医生物研究に携わる研究者、及びヒトiPS細胞由来神経細胞等を、これから利用したい研究者にも役立つ内容になります。

主催 エリクサジェン・サイエンティフィック

開催日時 2021年5月19日(水)14:00~15:00(1時間)

開催方法 ウェビナー(Zoomを使用します)

参加費 無料

プログラム

演題1 iPS細胞を活用したCNSモデルの開発と創薬
Hinge Therapeutics
President & CEO  二村 晶子
米国西海岸ベンチャー、Hinge Therapeutics(ヒンジ・セラピューティクス)で進めているiPS細胞技術を活用したCNS分野での創薬活動、および豊橋技術科学大学との共同研究で進めている神経細胞のイオン・イメージング技術と創薬への応用についてご紹介します。
演題2 iPS細胞の高速分化誘導技術が生み出す新製品の紹介
エリクサジェン・サイエンティフィック
日本支店 支店代表  饗庭 一博
高速、簡便にヒトiPS細胞から分化細胞を得られる弊社高速分化誘導技術によって、これまで分化誘導に費やしてきた時間を大幅に減らすことが出来るようになります。本ウェビナーでは、この技術によって分化誘導された神経細胞、骨格筋、血管内皮細胞、アストロサイト、そして研究にすぐ使えるMEAプレートについてご説明いたします。
演題3 Maestro MEA多点電極アレイ装置とその神経細胞アプリケーション
Axion BioSystems, Inc.
Asia Pacific Division, Marketing and Business Development Director  山崎 りか
Axion BioSystemsのMaestro MEAは、底面に平面電極が埋め込まれたプレート上に興奮性細胞を培養し、細胞の電気的な活動を測定します。簡単なボタンとソフト操作のみで神経細胞の発火、バー スティング、及びネットワーク活動を簡単に測定することができます。本ウェビナーではMEA装置 の特徴と最新アプリケーションをご紹介します。
演題4 エリクサジェン・サイエンティフィック ヒト神経細胞の特性とアプリケーション
株式会社リコー リコーフューチャーズBU バイオメディカル事業センター バイオメディカル研究室
室長  細谷 俊彦
リコーバイオメディカル事業センターでは、エリクサジェン・サイエンティフィックと共同でヒト神経薬効・毒性評価プレートの開発を行っています。本ウェビナーでは、同社神経細胞の生物学的な特質や薬物応答特性などをご説明し、本プレートの薬物評価系への応用例をご紹介します。

 

ご参加方法 下記、登録ページにて必要事項をご記入の上、お申込み下さい。お申し込み後にメールにてご案内します。

お申込みはこちら>

お問い合わせ  エリクサジェン・サイエンティフィック jp@elixirgensci.com