センダイウイルス(SeV)は危険ですか?

SeVはヒトに対する病原性はなく(ヒトはこのウイルスの自然宿主ではない)、免疫力のある動物では感染が持続しません。さらに、当社のキットで使用しているSeVは、宿主としてヒト多能性幹細胞に導入しても感染性のウイルス粒子を生成せず、また33℃では活性化していますが37℃では不活性化する温度感受性の変異体です。ただし、SeVはエアロゾルや呼吸器分泌物との接触により感染する可能性があり、また感染力も強力です。そのため、ウイルスが粘膜に付着しないように適切な配慮が必要です。当社のSeVを用いたキットは、安全キャビネットまたはクリーンベンチを用いたバイオセーフティーレベル2(BSL-2)の封じ込め下で、適切な個人用保護具を用いて使用する必要があります。万が一、ウイルスが皮膚や目に接触した場合は、多量の水で洗い流して患部を除染し、所属機関のバイオセーフティ委員会の承認を得た安全マニュアルに従って処置ください。