SeVと細胞との懸濁液を10分間インキュベートしている間に、オービタルシェーカーを使うことはできますか?

10分間のインキュベーション中に細胞とSeVの入ったチューブを2分ごとにタッピングするのは、細胞が沈降して凝集体を形成するのを防ぐためです。オービタルシェーカーでも同じ効果が得られるのであれば、使用することは可能です。